屋根塗装で劣化を防ぐ

塗装

屋根塗装の今後について

屋根は建築物におい直射日光を遮り雨をしのぐ大切な存在です。ですから古今東西様々な建築様式があって、それこそ原始的な住居においても壁は無くとも屋根は必ず作られてきました。 一方その屋根に用いる材料、つまり屋根材は文化や時代ごとに様々なものを用いてきました。 日本においては古代から茅葺や檜皮葺など、植物を用いた屋根を様々な時代で見ることが出来ます。また同時に大陸からもたらされた瓦もよく用いられ、こちらは現在でも一般的な屋根材です。 いずれにせよこうした日本の建築において屋根材として用いられてきた素材は、基本的に屋根塗装を行って劣化から保護する必要のない素材でありました。 近年は金属製の板であったり、アスファルトシングルなどを屋根材として用いた住宅を多く見かけます。これは瓦に比べて価格が低いことや、軽量で施工がしやすいことが理由で新築においては主流となっています。さらに地震への備えとして、瓦を下ろしてこうした軽量な屋根材に葺き替えるリフォームも増えています。 こうした屋根材は塗装による保護を必要とするので、屋根塗装への需要は増えていくものと予測されます。

塗料について注意したい事

屋根塗装の際、後々のために注意したほうが良いことがあります。それは屋根塗装に用いる塗料の性質をしっかり考慮するということです。 屋根は建築物の中で最も雨や雪にさらされる場所ですし、晴れた日は晴れた日で太陽光を直接浴びる過酷な環境に置かれています。よって経年劣化も当然激しくなります。 住宅リフォームにおいて屋根塗装をするのはこうした経年劣化によって、みすぼらしくなった外観を新しくするという目的もあります。しかし何より大切なのは塗装をし直すことによって、屋根を守る効果を長引かせるということにあります。 屋根塗装とは、屋根に用いられた屋根材自体が劣化することを防ぐ役割を持っています。そのために色や質感はもちろんですが、塗装に用いる塗料自体の耐久性についてもしっかり考慮したいところです。 屋根塗装に用いる塗料には数種類あり、価格も様々です。屋根塗装ともなると塗装面積が広いので、価格の違いは結構大きく出てきます。しかし価格の低い塗料は相対的に耐久年数が少なく、塗り直しの手間がかかるので結果としてはあまり経済的とは言えないということを注意しましょう。