外装塗装のメリット

建物の模型と刷毛を持つ人

外壁塗装は、住宅にとってとても重要なものです。その理由は1つが住宅の寿命にかかわるからです。木造住宅の寿命は法定耐用年数で30年と言われています。これは別に木造住宅が30年で倒壊するという意味ではありません。30年も経過すれば住宅としての安全性が低下してしまうのです。 ところがこれを50年あるいは100年と伸ばすことが可能になります。それはリフォームをすることや外壁塗装をすることです。 リフォームは、1部リフォームはありますが全面リフォームする場合、柱のみを残してスケルトン状態にしてもうそこから作り直します。これによって新宿とほぼ同様の住宅ができます。柱の耐震性については1981年以降に作られた住宅であれば今の住宅と比べてほとんど変わりません

一方で、外壁塗装も住宅を長持ちさせるという意味でとても重要になります。外壁塗装は、外壁の隙間から湿気や虫など入ることを防ぐ働きがあります。逆に言えば、湿気や虫が入ってしまうと住宅の躯体にカビが生えたりシロアリにやられたり、住宅の寿命を縮めることになってしまうのです。スケルトンリフォームにしても外壁塗装にしても定期的に行う必要があり、家主としてはそのために住宅ローン以外でもお金を貯めとかなければならないのです。 普通は家を買うことばかりに注目してしまい、購入した後のリフォームや外壁塗装についてはあまり考えませんが、一戸建て住宅を購入した以上は、屋根の修理や外壁の塗装などそこにかかる料金について調べておくべきです。