目的

色を塗る人

外壁塗装を行うためには

外壁は、風雨にさらされ、経年によって劣化します。外壁が劣化することによって撥水性や弾力性が失われヒビ割れたり剥がれたりします。それらをリフレッシュするのが外壁塗装です。外壁塗装では、塗料を外壁に塗ることで新たな塗膜を作り外壁を保護するものです。 新しく塗膜に保護されることで撥水性が高められ、建物の耐久性が向上し寿命を伸ばすことができます。また近年は機能性塗料も開発されており、汚れを光触媒で流してしまう塗料や、遮熱性のある成分を含み熱を吸収しにくく室内の温度変化を抑えて、空調の効率を上げると塗料もあります。またカラーの塗料を使うことで、外壁材を交換しないで建物のイメージを変えることができるメリットがあります。

使われる塗料の種類について

外壁塗装に使われる塗料はウレタン系塗料、シリコン系塗料、フッ素塗料などが使われています。一般的に安価に使われる塗料はアクリル系塗料ですが、耐久性が低くまた寿命も短いので外壁塗装では使われていません。 一方でウレタン系塗料は10年程度の耐久年数があり、シリコン系塗料は15年程度の耐久年数があります。シリコン系塗料が登場するまでは、ウレタン系塗料が外壁塗料の主流として使われてきましたが、より耐久力のあるシリコン系塗料が登場すると価格面にそれほど差がなかったことから、現在ではシリコン系塗料が現在の外壁塗装の主流となっています。 またフッ素系や断熱、光触媒といったものは20年近い耐久性があるものの、価格が高いこともあり、マイナーな存在です。

家を彩る

外壁塗装リフォームが行われる目的の一つに、「家を美しく彩る目的」があげられます。外壁とは、常日頃雨風や気温の変化などの自然現象にさらされているため、腐敗しやすく、汚れやすい場所でもあります。周りから見て真っ先に目に入るのは外壁でもあり、それがその家の「印象」にも繋がりますよね?
外壁塗装リフォームを行えば、汚れた外壁をキレイに改善することができるため、家を美しく彩ることができるのです。