外壁専門業者を選択

男性

外壁専門業者を選択する。

私は、3年前に自宅の外壁塗装をしてもらいました。マイホーム建ててから12年で外壁の塗替えをしました。元々の自宅の外壁が白色だったため、結構汚れが目立った状態でした。外壁業者を選ぶ際、色々な選択肢がある事がわかりました。自宅を建てた工務店、外壁専門業者(インターネットの世界では、この事業者が本当に多数あります)等です。工務店は信頼はできますが、価格は割高でした。外壁専門業者のインターネットで一括見積りを取り、3社と価格、塗料の相談、アフターケア等の説明を受けました。経験的に、何社かの外壁専門業者と話す事が大事だと思います。ほとんどの方は、外壁の知識はないと思います。実際に外壁専門業者と会って、どの塗料にするか、耐久性はどのくらいか等色々知識がついて、最終的に価格、外壁専門業者の信頼性、保証期間等のトータル的に決定するのが大事だと思います。

外壁塗装の塗料選択に関して

外壁塗装の塗料も高価なものから、フッ素、シリコン、ウレタン、アクリルといったラインナップがあります。フッ素は耐久性が最もよく、その分高価格となります。最終的に私が選んだ外壁塗装の塗料は、シリコンでした。マイホームの外壁はモルタル素材、日当たりが良い場所だったので、モルタル素材に適しており、紫外線に強く、防水性にも優れ、なおかつ耐久性も結構長く、フッ素よりは割安である外壁塗装の塗料です。その中でも特に重視したのは、耐久性と防水性でした。外壁塗装の耐久性は、最低でも10年、できれば15年ぐらいはもって欲しいと考えています。外壁塗装してもらってから3年経過しますが、汚れ、目立った傷等はありません。防水性は、やっぱり雨水が窓周辺から入ってくる事は避けたいと思いました。まだ、3年なので雨漏り等はないです。外壁塗装をする際、塗料の選択というのは大事だなと思います。個人によって住んでいる環境は変わってくるので、色々な外壁塗装専門業者に相談し、ご自身のマイホームにあった外壁塗装を決めていく事が大事です。