塗装が重要な地域性

婦人

気候に合った塗装を選ぶ

どのような地域の住宅でも、ある程度の築年数が経過すると外壁塗装の必要性が高まります。特に沖縄は、紫外線が非常に強く、台風などの風雨の影響を受けやすい地域です。また、コンクリート建ての住宅も多い中、周囲を海に囲まれた沖縄では、塩害による外壁の劣化も起こりやすくなります。そうしたことから、大切な住まいを守るためにも、信頼できる業者に外壁塗装を依頼することが重要なのです。沖縄で外壁塗装を行った場合、一般的には30坪ほどの住まいであれば50万程度から塗装が可能です。ただし、壁面の状態によって補修工事の内容が変わるため、料金は変動することは覚えておく必要があります。補修をせずに塗装のみの処理をしてしまうと、ひび割れや劣化した部分からダメージが進行し、建物の骨組み等にまでダメージが広がる可能性もあります。安さが一番と考えずに、きちんと見積もりの段階で住まい診断や査定を行う業者を選ぶようにしましょう。外壁塗装の材料には、アクリル系・ウレタン系・シリコン系・フッ素系があります。それぞれに特徴がありますが、沖縄のように紫外線が強い地域の場合はシリコン系やフッ素系がおすすめです。耐久年数が比較的長く、沖縄の風土に合っている塗料ですが、単価が高いことが特徴でもあります。最近ではアクリル系塗料でも、沖縄の気候に特化したものが出ており、業者と相談して決めるといいでしょう。気候に合わない、安価な塗料を使用した結果、塗り直しまでの期間が短くなってしまうこともあります。費用対効果を見極めることが大切です。まずは見積もりが大切ですが、その際には建物の図面を準備しておくといいでしょう。正確な表面積の算出が出来るため、見積もりがスムーズにいきます。